MBDハーフチョークカラー

ボーダーのデザインが美しいMBDのハーフチョークカラーカジュアルリード(※色はどちらもボーダーベージュです)。ハーフチェーンカラーはおなじみのしつけ用首輪ですが、こちらのハーフチョークカラーは何が違うのか?どちらもしつけ用首輪であることは間違いないですが、大きな違いは締め付け方です。ハーフチェーンカラーはクサリですが、ハーフチョークカラーはテープ素材です。

では何故テープ素材で締め付けるのか?それは、クサリだと毛が絡まりやすく、引っ張ると毛が抜けるおそれがあります。その点、テープ素材では、毛が絡まることがなく、毛抜けの心配もありません。だから、長毛犬種向けだとも言えます。もちろん短毛犬種にも使えます。クサリの音がガチャガチャうるさいと感じられている飼い主さんには、こちらのハーフチョークカラーがおすすめですね。

ただ、若干クサリより合図が伝わり難いとも言われます。クサリは締め付けもそうですが、音も合図の一端を担っています。その点、ハーフチョークカラーは、締め付ける部分に四角カンが2つ付いていて、締め付けることでその2つの四角カンが接触し、音を出す仕掛けとなっています。クサリほどではないですが、微音ながら合図にはなっているようです。もっとも締め付けだけで制御できるように訓練は必要ですが。

リードも同じデザインでコーディネートできます。持ち手の内側にサラッとした別の素材が縫い合わされていて、テープ素材のザラザラ感とは違い、ソフトな手触りとなっています。同じ生地が首輪の内側にも使われていて、愛犬の首にも優しくなっています。


link:MBD ハーフチョークカラーカジュアルリード